作業員

外壁塗装や雨漏り工事はプロの専門業者へ依頼|ビューティーHOME

建て替え工事に必要

一軒家

築20年を過ぎると建て替えようと思う方は多くいるはず。建て替えるときには解体工事を行ない、更地にしてから新築を建てるようになります。この時に知っておきたい建て替え工事のポイントを紹介します。

建て替え工事のおおまかな流れとして古くなった家を壊す解体工事を行ない、更地にします。そして地鎮祭を行ない、地盤調査、そして建設しだします。これらが簡単な流れになっており、地盤調査は解体工事を行なっている業者ではなく、ハウスメーカーや工務店が行なうことがほとんどなので知っておきましょう。

解体工事をするときに、解体業者と新築を建てる業者が異なっている場合はしっかりとコミュニケーションを取る必要があります。お互いの作業工程を伝えておき、連絡ミスなどがないようにしないといけません。
工事中にトラブルが起こることもありますので、そういった場合でも安心して作業できるように密なコミュニケーションを取ることが大切です。

古くなった家を解体するときには、まず方法を決める必要があります。一つは手壊し、二つ目が機械壊しになります。
機械壊しは重機を使うことになるので、費用が大きくなります。しかし、効率良く壊していけるのでとてもスムーズです。
一方、手壊しの場合、手作業なので、時間が掛かりますし、コストも掛かります。一般的に壁や天井を剥がす作業は手作業になります。また重機が入れない場所や近隣住宅と近い場合には手壊しをする必要があります。手で簡単に壊してその後に重機を使った解体工事を行なうこともあります。これらのことをよく知っておくことで建て替えを行なうときに役に立てるでしょう。

Copyright© 2016 外壁塗装や雨漏り工事はプロの専門業者へ依頼|ビューティーHOME All Rights Reserved.